2013年12月3日火曜日

タイのデモを見に行ってみた

現在タイのバンコクに滞在中です。

タイというと今はデモ真っ盛り。

11月始めに起こったデモの様子は既にアップしていますが、


その後一層過激化していることもあり、
日本の知り合いからも安否を尋ねる連絡が来ました。

ニュースだけ見ていると確かにかなりの大事のように見えてしまいますが、
実際のところはどうなんでしょう。

正直、普通に生活している分には「デモが起こっている」なんて実感は皆無です。
私はバンコクの中心部に住んでいますが、それでもです。

個人的に、12月3日からはバンコクを離れビーチシティーに移ってしまうため、
デモを見る最後のチャンスである12月2日に、ちょっくらデモの見学に行ってきました。
(もちろん危険な雰囲気を感じたら即座に退去するつもりで、十分に警戒して)



2013年12月2日昼過ぎ。

「今日はどこでデモやってるのかな〜」
ということで、バンコクの中心あたりを歩いてみます。
(アソーク駅からサイアム駅に向けて歩いてみました。)


すると、セントラルワールドからサイアムパラゴンへと続くスカイウォークが閉鎖されています。



「おっ」と思い下を覗くと、やってますやってます。

ちょっと遠いですが、セントラルワールドから見た図はこんな感じ。


デモ中心部からは少し離れていますが、笛を始めとしたデモ関連グッズの屋台が、
ここかしこに出ております。


タイ人はお祭り事が大好きなので、こういうグッズ関連は飛ぶように売れていきます。
若い女の子も多いです。

普段は民芸品のようなものを売っている屋台も、今日ばかりは笛屋さんに鞍替えです。

終いには、バイクタクシーの運ちゃんも笛売りへと華麗な転職を遂げていました。

このデモは笛メーカーが煽動しているのではないかと思ってしまう程大盛況です。



女の子達も準備が整ったようです。
顔へのペインティングとタイの国旗がモチーフのヘアバンド。
可愛いですね〜。





さて、いざデモの現場へ。

スカイウォークをおりて3分程歩いていると、お、やってます!



んー、でも道路の向こう側なのでよく見えません。
道路を渡ってみましょう。

渡ってみると、フルーツなどの屋台があふれています。



右手にマンゴー、左手に笛をもち、お祭りのような雰囲気です。


ちなみに今日の会場はこちら。


タイ警察本部とでもいうのでしょうか。

入り口はバリケードで厳重に守られ、敷地内はポリスであふれてました。


とはいえ、ポリス達はみんなニヤニヤと楽しそうに談笑しており、
デモ中心からちょっと外れた場所では、
ちょい前までデモ活動をしていたおばちゃんデモリストと談笑してました。
(おばちゃんが中の若いポリス達を気遣って、マックのポテトを渡そうとしてた。笑)


これまでの写真を見てもらえばわかる通り、
デモは現地ではお祭りのような感じになってます。

若い女の子達もファッション感覚で参加してます。



最後に中心内部からの動画をどうぞ。



2013年12月1日日曜日

2013年11月のパフォーマンス

2013年11月のパフォーマンス

+2.99%

情けない数字ですね〜。
取り急ぎ数字のみで。。

2013年11月14日木曜日

タイ映画:端島プロジェクト(Hashima Project)を観てみた

なかなかブログ更新できずすみません。
本当は語学留学編をどんどん書いていきたいのですが、なかなか。。。
時間はたっぷりあるはずなんですけどね。

現在はタイに滞在していますが、今タイで少し話題になっている映画があります。

それが題名の「端島プロジェクト(Hashima Project)」で、
長崎県の端島(通称軍艦島)が舞台(?)の映画です
長崎市も撮影協力しており、なかなか力を入れて作った映画のようです。

詳細はこちらを。

http://www.asia-network.co.in/T-H36.htm
http://thailog.net/2013/10/30/4521/



端島はかつて炭鉱により栄えていた島でしたが、閉山に伴い島民が島を離れ、
現在は無人島となっています。(詳細はwikiを)
映画やゲームの舞台にもなったりして静かなブームにもなったようで、
今ではツアーも行われているとか。

とはいえ、普通の日本人にとってはほとんど馴染みのないこの島ですが、
タイでは映画の影響もありとっても有名になっています。

特に若い子と話すと、「端島に行ったことがあるか?」みたいなことをよく聞かれます。

映画館に行っても、どこもメイン級の扱いをしています。
(ちなみにホラー映画です)

日本人としてはこれを見逃す手はないので、先日ついに観てきました。
(怖いもの大嫌いの自分としてはかなり勇気がいりましたが。。)

タイ映画なので当然タイ語ですが、字幕は英語で入っているので十分理解できました。



肝心の内容は、、、まぁチープなことこの上なかったです(笑)

端島を舞台にした映画を撮るためにタイの若者数名が端島を訪れるのですが、
そこでちょっとしたいたずらをしたことから幽霊に取り憑かれ、
タイに帰国後次々と死んでいく、という話です。

ホラー映画ですが、日本的なじわじわ来る怖さは一切なく、
ただ突然「バーン」と大きな音とともに何かが現れるみたいな。

最初の方はタイ人達はキャッキャと怖がってましたが、
あまりにワンパターンなので途中からは無反応。

そして物語最後に、主人公達を苦しめた幽霊(日本人)が悲しい過去を語り、
涙を誘うシーンとなったのですが、その日本人役者があまりにひどい大根役者で、
セリフ(日本語)も完全に棒読み。

タイ人達はそのセリフは理解できなかったと思うのですが、
それでも大根役者っぷりは伝わったようで、涙を流すどころかあちこちで苦笑。
自分も我慢できず爆笑してしまいました。

このように、映画の出来としては散々たるものでしたが、
日本が舞台になっている映画を異国の地で観れるってのはいいもんですね。
それもすごく大々的に取り上げられているわけですから。

こういうことをきっかけに、タイ→日本の観光客も増えていくといいですね。

タイ、すごくいい国です。
とっても親日ですし。
タイ株っていう選択肢も十分ありだな〜、ということで、
ちょっと勉強している今日この頃。

2013年11月6日水曜日

2013年10月のパフォーマンス

+1.47%

空売り銘柄を全部清算。
他動きなし。

全くブログ更新できずすみません。
今はアメリカからは離れ、タイで暮らしてます。
ご飯美味しくていいとこです。

フィリピン編は少し時間が取れるようになったら更新していきます。。。

2013年10月1日火曜日

2013年9月のパフォーマンス

+1.28%

全く動きなし。


昨日誤って一日前の情報で更新してました。
現在仕事はお休み中で、7月から1ヶ月はセブ島で、
8月から現在までアメリカのLAで暮らしています。
なので時差の関係からごっちゃになって昨日更新しちゃいました。

無事マンガの方もアップし終わったので、
10月からは海外での暮らしについての記事をアップしていきます。
(セブでもLAでも語学学校に所属しているため、英語についても触れていこうかと)

投資とはますます関係なくなりますが。。

2013年9月1日日曜日

2013年8月のパフォーマンス

2013年8月のパフォーマンス
前月末比-1.77%
(日経平均:前月末比-2.04%)

忙しいので数字だけ。

空売り銘柄があがってしまったので、
キャッシュポジションが大きい割にかなりのマイナス。

今月は売買は空売りをちょっと買い戻したのみ。
来月も動かない予定。

2013年8月1日木曜日

2013年7月のパフォーマンス

2013年7月のパフォーマンス
前月末比+1.29%
(日経平均:前月末比-0.07%)

相変わらず自分の持ち株は動きが少ない状態です。

先月からの変化としては、
・薬王堂の全売却(損切り)
・空売り銘柄①の買い戻し
です。


現在の持ち株はこんな感じ。


ポジション的には
空売り銘柄>ウェッズ>サン・ライフ
で、買いと売りの比率は6:5ほど。
買越額は総資産の5%弱。

8月もほぼ動かない予定です。

2013年7月3日水曜日

女子高生でもわかる投資入門~17~


今回から株についての内容に入っていきます。

先月は2日に1回の更新でしたが、今月は3日に1回の更新にさせてもらいますね。

2013年7月1日月曜日

2013年上半期の振り返りと反省

激動の2013年上期も終わりました。

ここで少し振り返り。

みなさんご存知http://value-ranking.seesaa.net/のサイトで
個人投資家ブログの成績や人気銘柄がまとめられています。

ここで、2012年12月末の時点での人気銘柄ランキング上位の銘柄の、
ここ半年でのパフォーマンスを調べてみました。

ウチヤマ、フジコ、FPG、イートアンドが上位人気でした。

ここ半年(2012年12月28日~2013年6月28日)、
日経平均は+31.57%、ジャスダックは+57.70%でしたので、
それらをベンチマークにしてまとめてみます。
(手作業集計のため間違いあるかもです。)


最上位組(100%以上の上昇)
1位:FPG:+223.48%
2位:ヒトコム:+122.88%
3位:全国保証:+107.08%

上位組(ジャスダック以上)
4位:テンポス:+92.22%
5位:ウチヤマHD:+86.67%
6位:プレステージ:+70.01%
7位:物語C:+66.35%
8位:ワッツ::+63.94%

中位組(日経以上)
9位:トランコム:+56.71%
10位:トレジャーファクトリー:+51.52%
11位:オンリー:+51.50%
12位:アイケイケイ:+49.28%
13位:1stHD:+48.64%
14位:コシダカHD:+46.93%
15位:内外トランスライン:+36.56%
16位:プレサンスC:+35.56%

下位組(プラスだが日経以下)
17位:日本ERI:+30.59%
18位:パラカ:+29.65%
19位:アコーディアゴルフ:+29.48%
20位:アスカネット:+25.00%
21位:PLANT:+23.76%
22位:エスクリ:+22.67%
23位:日本エスエイチエル:+17.81%
24位:アークランドサービス:+15.84%
25位:paperboy:+12.31%
26位:CDS:+8.38%
27位:フジコーポ:+3.02%
28位:デリカフーズ:+0.44%

最下位組(マイナス)
29位:ミサワ:-1.74%
30位:朝日ネット:-1.90%
31位:イートアンド:-9.08%
32位:プロトコーポ:-14.30%


人気No1だったウチヤマはパフォーマンスでも5位と素晴らしい成績。
人気No3だったFPGはパフォーマンスはダントツNo1。

これだけ見ると、個人投資家の選択眼の素晴らしさに感心する気もしますが、
人気No2のフジコはパフォーマンス27位、人気同率No3のイートアンドにいたっては31位と、
見事に2極化していました。


最下位組は当然として、下位組をいかに引かないか。
それぞれ当時のIR資料を漁って振り返っているところです。


なお、当時の私の持ち株はアコーディア、ヒトコム、フジコ、ウチヤマ、ダイヨシ。

ダイヨシは上記ランキングに載っていませんが、TOBされたことにより+108.12%。

ということで、最上位組2つ、上位組1つ、下位組2つでした。

とはいってもダイヨシ以外は1~3月に売却してしまっているので、
十分な上昇を堪能できず、結局この半年のパフォーマンスは
日経平均にはやや勝っているものの、ジャスダックには大負け。

銘柄選択とかキャッシュポジションの調整とか余計なことを考えずに、
単純にジャスダック平均をフルポジションで持ってた方がずっとよかったわけですね。

もしくは、当時持っていた5銘柄をそのまま単純に持ち続ければ、
+70.03%と(5銘柄に均等に資金を振り分けたとして)、
やはりずっといい成績を残すことができたわけです。

結局、余計なことはしない方が一番いいんですかね。
こう考えると悲しくなってしまいますが、今後のためにも枕を涙でぬらしながら反省です。

以上、上半期の反省でした。

2013年6月29日土曜日

2013年6月のパフォーマンス

2013年6月のパフォーマンス
前月末比+0.80%
(日経平均:前月末比-0.71%)


まぁ何というか、逃げ惑っているのでパーセンテージは小さいです。

買いと売りのバランスは、常に買いのが大きくなるように調整していますが、
その中でプラスに持ち込めたのは良かったかな、と。

現在の持ち株は、

空売り銘柄①>ウェッズ>サンライフ>空売り銘柄②>薬王堂



薬王堂は今月結構損切りしました。

ウェッズとサンライフを足すと、空売り2銘柄分くらい。


まだしばらく様子見です。

2013年6月27日木曜日

女子高生でもわかる投資入門~16~



萌パパのようにバブルで痛手を負ったお年寄り達の中には、
未だに「株=危険」という認識の方も多いでしょうね。
私の両親もまさにそのくちです。

とはいえ、今の日本では投資から逃げ回ることは困難でしょう。

401kで強制的に投資判断を求められた人も多いのではないでしょうか。

401k、月々の掛け金はたいしたことはないかもしれませんが、
一生を通じて考えると、かなり大きな金額になります。

「わからないから逃げ回る」というのではなく、
一旦腰をすえて勉強する良いチャンスと捕らえてみてはいかがでしょうか。



いよいよ次回から、株についての内容に移っていきます。

2013年6月25日火曜日

女子高生でもわかる投資入門~15~



投資といってもたくさんあります。

マンガの中にも書いてますが少し見にくいので書き上げてみると、

株式投資(会社の株券を売買する)
債券投資(国債や社債を売買する)
不動産投資(土地や建物を売買する)
外国為替投資(ドルなどの通貨を売買する)
商品投資(金や石油などの商品を売買する)


外国為替投資としては、FXなんかが流行ですよね。
また、商品投資としては、商品先物をご存知の方も多いでしょう。

先物やFXはハイリスクハイリターンの危ない投資、という認識の方も多いかと思いますが、
両者は基本的に自己資金の何倍もの取引を行う「レバレッジ投資」を行うため、
どうしてもハイリスクハイリターンになってしまうのですね。

しっかりレバレッジを調整すればローリスクローリターンな投資にも出来ますし、
逆に株や債券であっても、何らかの方法でレバレッジをかけまくれば、
ハイリスクハイリターンにもなりえます。

レバレッジって何のこと?という段階のうちは、
FXや商品先物には手を出さないほうが賢明かもしれないですね。

2013年6月23日日曜日

女子高生でもわかる投資入門~14~




我々個人投資家がプロより有利な点はいくつかありますが、
大きな利点として運用額が小さいということがあります。

運用額が大きいと、どうしても小さな会社の株は買いにくいのです。
小さな会社、マイナーな会社だと、売りに出されている株が少ないため、
たった100万円程度買うにも一苦労です。
そんな株、どんなにいい株であったとしても、
運用額がとっても大きなプロは買おうとは思いませんよね。

一方、運用額の小さな個人投資家であれば、これくらいの株も十分投資対象になります。

これが、運用額が小さいことのメリットですね。


その他にもたくさん個人投資家のメリットはありますが、
それはまたの機会に!

2013年6月21日金曜日

女子高生でもわかる投資入門~13~



株で最も成功したバフェットさんの運用成績は、
年平均で20%ちょいとのことです。

「株」と聞くと、「半年で3億円」みたいなギャンブルを思い浮かべる方も多いでしょうが、
バフェットさんはそのような運用の仕方ではありません。

はじめは小さな雪玉も、コロコロコロコロとずーっと転がしていくことで、
(長期間複利運用することで)
いつかは大きな雪だるまになるわけです。

この「コツコツ方式」の投資法は、日本人にも受け入れやすい発想でしょう。

私も年20%での運用を目標に日々頑張っております。

2013年6月19日水曜日

女子高生でもわかる投資入門~12~





さて、いよいよ巨匠、バフェットさんの登場です。

バフェットさんの詳しい情報はこちらから。

バフェットさんはマンガにあるとおり、投資だけで莫大な富を築いた、
我々投資家の憧れの的です。

本屋に行けばバフェット関連本は溢れており、
初心者の方にも、ある程度経験のある方にも、参考になる内容は多いかと思います。

名言もたくさん残されていますが、私が特に気に入っているものを紹介します。



"ルール その1:絶対に損をするな。ルール その2:絶対にルール1を忘れるな。"

"リスクとは、自分が何をやっているかよくわからないときに起こるものです"

"分散とは無知に対するリスク回避だ"

"愚か者でも経営できるビジネスに投資しなさい"


このあたりですね。
私の投資指針はこのあたりにかなり影響されていると思います。

また、バフェットの神髄は「株券」を買うのではなく、ビジネスを買うという投資姿勢です。
この姿勢は本マンガの後半でもお伝えしていきます。

2013年6月17日月曜日

女子高生でもわかる投資入門~11~





年6%も金利がつく時代が日本にもあったんですねー。

まぁいずれにしても、年20%なんて普通に考えれば「あり得ない」数字ですよね。

ところが、決してあり得ない数字ではないんです。

私のようにブログで投資の成績を公表している人はたくさんいますが、
http://value-ranking.seesaa.net/
このブログでその成績がまとめられています。

昨年の結果を見てみますと、51個のブログで平均値は+55.1%だったそうです。

もちろん自己申告の値なので、ある程度は割り引いてみる必要があるかもしれませんが、
少なくとも+20%くらいは十分に上回っているでしょう。

さらに今年を見ればもっととんでもない数字になっているでしょうね。。。

自分は全然ですが。。。

2013年6月15日土曜日

女子高生でもわかる投資入門~10~




投資し続けるか引き出して逃げるか、これは非常に重要なポイントですね。
(私は今年はこの判断で大失敗をしてしまいました。)

今の100万円が30年後の2億円になるかもしれないわけですから、
それも踏まえた上で消費行動を考えていくことも時には大事になってくることでしょう。

投資の巨匠、バフェットさんも、妻が高額な家具を買った際に、
「そのお金を20年間複利運用したら・・・」とぼやいたそうです。

まぁとはいえ、2コマ目の金原先生や先程のバフェットさんのように、
先、先のことばかり考えて今を蔑ろにしてしまうのも幸せな人生とはいえないかもしれません。

バランスを考えて、納得のいく行動をすることが重要なんでしょうね。

2013年6月14日金曜日

ネガでもポジでもありません。

私が参考にしているサイトにhttp://myindex.jp/global_per.phpがあります。
世界中の株式市場の様々な指標(PER,PBRなど)を一目で比較できる便利なサイトです。
そこにあるデータをちょっといじって感じたことを徒然なるままに。

超長文なので簡単に本記事を要約すると、
・2013年4月の時点で、日本の株式市場は割安とは言えない状態。
・一方、これから流入しうる投資金余力はふんだんにある。
⇒割安ではないが上昇余地はまだまだある。
⇒上記を踏まえた上での投資判断をしよう。

というところです。

ネガティブな発言でもポジティブな発言でもありません。





2013年4月時点でのデータでは、(4月1日なのか末日なのかはわかりませんが。)
日本の株式市場の実績PERは26.3倍で世界で最も割高な数値です。
(世界の平均は16.3倍)

また、配当利回りは1.61%で最下位クラス(世界平均は2.55%)です。



PERと配当利回りのみを世界平均と比較すると、40%ほど割高です。
(4月の株価を40%引きすると、PERは15.8倍、配当利回りは2.68%になる)

当時の株価は13000円ほどですから、40%引きすると8000円弱。
アベノミクス相場が始まる前のが適正値であったように見えてしまいます。
(あくまでPERと配当利回りから判断すると)



一方、PBRは1.5倍で、世界平均の1.9倍を下回っています。
PBRの観点から見ると平均より割安であり、
これがPER、配当利回りの割高さを肯定する1つの材料になりそうです。

さて、当該サイトにはPERとPBRは載っていますが、ROEは載っていないため、
さくっと計算してみました。

その結果は・・・

予想通りだったのですが、日本のROEは5.70%で世界平均である11.66%の半分にも満たず、
群を抜いて世界ワーストワンです。

データが載っている46カ国のうち、EPSが赤字のためROEの算出できない
イタリア、アイルランド、フィンランドを除くと、ROEが一桁なのは日本を含め7カ国。
そのうち9%を切っているのは日本とオランダ(8.42%)のみ。

ワースト2のオランダですら8.42%ですから、日本の値がどれだけ悲惨かわかるでしょう。

一方、配当についてもう少し詳しく見てみました。

なんとなく日本は「配当性向が低い」というイメージがありました。
したがって、配当利回りの低さは配当性向の低さにも起因していて、
「余力」という点では捨てたものではないだろうと思っていましたが、
結果は、日本の配当性向は世界平均と同じ42%程度でした。

一方配当性向が高いと勝手に思い込んでいたアメリカは34%と、
世界平均よりもずっと低い値でした。


ということで日本の株式の平均ROEは5.7、配当性向は42%なわけですが、
これを世界平均(ROE11.66%、配当性向42%)と比較し、
長期的なBPSとEPSの伸びを比較してみると、


まぁよくある絵の通りですね。

当初BPSを両者とも100とし、ROE、配当性向はずっと一定。
EPSは配当金以外はすべて次期のBPSに組み入れて計算していきます。

ROE5.7%の場合とROE11.66%の場合を比較すると、
30年後のBPS⇒前者は265で後者は712。
30年後のEPS⇒前者は15で後者は83。

30年後にはEPSが5倍以上の差をつけるわけですから、
PERが同等であれば株価も5倍以上差がつくことになるわけです。

「ROEが高いまま持続するなんてあり得なくない?」という疑問もわきそうですが、


これを見るとあり得ない事もないことがわかります。

ここ30年を振り返ると日本は6%あたりをうろうろし、アメリカは12-3%程度をうろうろしてます。


とまぁこんな感じで、PER、配当利回りの観点からはとても割安とは言えず、
ROEが低いことから将来性の面でもあまり期待はできないです。
(あくまで市場全体を見ると)



続いてまったく別の視点から。

これまで割安かどうかという観点から見てきましたが、
割安であるかどうか、というのは「これから上がるかどうか」というのとは直結してないので、
「もう割高だから」というのは今後株価が上がるかどうかにはあまり意味のない発言です。
(「損を回避するため」という観点からは意味のある言葉であるとは信じてますが)

じゃあ今後株価が上がるかどうかを占う上で重要なことは何かと考えると、
まぁ単純な話で、全体の株価が上がるってことは全体の時価総額が増えるってこと。
全体の時価総額が増えるってことは市場に流入する金額が増えるってこと。
(直接現金が入ってくるのでも、レバレッジが大きくなるのでもどちらでもよい)

なので、投資に回って来うる資金余力がどれくらいあるか、
そしてその資金余力が現在の時価総額(現在すでに入っている資金総額)に対して
どれくらいのインパクトをもっているかってのが重要になります。


その辺の観点からデータを見てみます。


2013年4月時点での日本株の時価総額は2.9兆ドル。
ざっと300兆円ほどです。

世界No.1は当然アメリカで、時価総額15.1兆ドル。
ざっと1500兆円ほど。


これが現在の時価総額、つまり市場に流れ込んでる資金です。
(レバレッジで膨らんでる部分も含むので、純粋に投下された資金とイコールではないが)


続いて、この額に対し、今後流れて来うる投資額がどれくらいのインパクトを持ちうるか、
というところを見ていきます。

とはいえ、さすがにこれは難しい。

投資主体としては、つまり資金が流れてくる元としては、
個人、法人、外国人がメインになります。
日本株が数ある投資先の一つでしかない外国人の動向を読むのは相当に難しいので、
最も読みやすく、かつインパクトの大きな投資主体として、個人投資家に目を向けてみます。

つまり、現在個人はどれくらいのお金を持っていて、どれくらいを株式に振り分けているか。
んで、欧米並みの株式投資比率を投資余力として、その額がどれくらい現状の株式市場に
インパクトを持つか、ってことをざっくりと計算してみました。



まず、両国(および英独)の個人の金融資産を見てみるとこんな感じ。


日本の個人金融資産は1500兆円ほど(2011年末時点)。

一方アメリカは3758兆円。
1ドル77円で計算されているので、現在(2013年6月)の為替で換算すると4500兆円ほど。

この個人金融資産のうち、どれくらいが株式に向けられているか見てみると、
日本はわずか5.7%。
アメリカは31.6%。

金額にすると、日本は85兆円ほど。アメリカは1422兆円(現在の為替換算で)ほど。

もう一回両国の株式時価総額を見てみましょう。

日本は300兆円ほど。アメリカは1500兆円ほど。

もちろん1422兆円のすべてが国内の上場株式に投資されているわけではありませんが、
アメリカの株式市場における個人投資家の割合は日本よりもずっと高いです。


個人投資家が4割弱で保有主体としてはトップ。

投信も合わせると6割弱にもなります。

(アメリカ人でも個別株式を購入する方より投信を購入する方のが多いようです。)


一方日本はというと、85兆円ほどしか株式にお金が回っていないことからもわかるとおり、
保有主体としての個人投資家のシェアは20%弱です。


300兆円の20%で60兆円というところなので、国内上場企業の株に投資されている額としては
まぁ実際そんなものなのでしょう。


さてこれが現状なのですが、ここからは想定のお話。

もし仮に日本の個人金融資産のうち、株式の比率がアメリカほど(30%強)とはいわずとも、
英独なみ(10%程度)になったらどうなるか。

1500兆円の10%なので150兆円。
現状より65兆円ほど増えます。

時価総額に対して2割強ですから、これだけで株価を2割以上押し上げるパワーになります。
(全額が国内上場株式に流れるとすると)

またもし仮にアメリカ並みの30%になったとしたら。

450兆円程度と現状より365兆円(!)程度新たに株式市場に流れ込むわけですから、
(全額が国内上場株式に流れるとすると)
株価は倍以上になるわけです。

まぁ実際こんなことが起きるかというと起きないでしょうが、
「余力」という観点からはこれくらいは十分あるんですよ、というところです。

こういう意味での余力なんて20年前からずっと同じだよ、って反論もありそうですが、
この余力が実際に株式市場に流れてくるかどうかを大きく左右するのは、
「日本人の意識」にあります。

「株は怖い、危険」という考えでは絶対に欧米並みの投資比率にはならないでしょう。

この考えが変わるためには何かキッカケが必要になるでしょうが、
今回のアベノミクスはそのキッカケとなりうるものではないかと思います。

株式市場の上昇に加え、インフレ期待。

今後は特にインフレ期待が形になって表れてくることが重要かと思います。

あとは株式投資に対する知識不足、アレルギーもあるでしょうから、
微力ながら自分もマンガで少しは貢献していきたいですね。



さてさて、長々と暇潰しにデータをいじった結果を述べてきましたが、結論としては、
日本株はもう割安ではないが上昇余地はまだまだあるから、
それを踏まえて方針を考えよう、ってとこですね。

~売買記録~
本日含め今週一週間で先月末に一旦手放したサンライフとウェッズを購入。
買い:売りは4:3くらいで、買い越し額は総資産の15%弱くらい。
ということで、CPは気持ち的には85%以上と、まだまだ逃げ腰です。


暇潰しにお付き合いいただきありがとうございました。

投資は自己判断で・・・。